スポンサードリンク

【SQLServer】CSVファイルをインポートし、テーブルを作成する

2019.11.02 2019.10.26 23
【SQLServer】CSVファイルをインポートし、テーブルを作成する

概要

SQLServerでCSVからデータをインポートし、テーブルを作成する方法を紹介します。

SQLServerを使っていると、テーブルをCSVのデータと結合させて更新を行いたいというパターンが時々発生します。

CSVファイルをSQLServerにインポート

例として次のようなCSVファイルを取り込んでみるとします。

手順通り行うことで、次のようにテーブル化されます。

手順

SQLSeverManagementStudioを起動します。

対象のデータベースを右クリック>タスク>データのインポートをクリックします。

 

次へをクリックします。

 

データソースは【フラットファイルソース】を選択し、【参照】をクリックし、取り込みするCSVファイルを選択後、【次へ】をクリックします。

 

問題なければ、そのまま次へクリックします。

 

変換先は【SQLServer Native Client】を選択します。(SQLServer2014の場合はNativeClient 11.0)

対象のサーバー名、対象のデータベース名を入力し、【次へ】をクリックします。

 

そのまま【次へ】をクリックします。

 

そのまま【完了】をクリックすると、インポートが始まります。

 

次のようになればインポート完了です。

 

実際に取り込まれていることが分かります。

 

テーブル名はオブジェクトエクスプローラーより変更できます。

 

デフォルト設定のままだと、すべてのカラムは文字列型になってしまいます。変更がある場合は対象のテーブルを右クリック>【構造】を選択し、
任意にカラムの型等を変更します。

 

最終的にインポートしたテーブルを元に他テーブルを更新したい場合は、テーブル結合して更新しましょう。

次の記事を参考にしてください。

以上です。